NINJAオールスターplusCryptoVoxcelsのサポート実績


メタバライブWorksのDJシュンです。
今回はイベント運営・MCとして、第7回NINJAメタバライブをサポート。

  • 「アーティストの熱意が伝わってきた!」
  • 「すごく感動した!」
  • 「裏方さんも凄い!!」

ありがたい意見も多数いただき、臨場感あふれる良いライブとなりました。
音楽が大好きな出演者とお客さん。
彼らに囲まれてライブに関われることを、私も嬉しく思います。

来場者数は、2時間のライブで564人。
(ほぼ)スマホに対応していないプラットフォームとしては、かなりの人数が集まりました。
いち早くメタバースでのライブを開催しているNINJAメタバライブ。
すごい集客力です。

  • どんなライブだったのか?
  • どんなサポートをしたのか?
  • CryptoVoxcelsとはどんなプラットフォームなのか?

気になることも多いかと思いますので、ご紹介いたします。

 

どんなライブだったの?

NINJAメタバライブは、
NFTインフルエンサーイケハヤ氏率いる「NinjaDAO」から派生したメタバースライブイベント。
12/10から活動しており、今回が7回目のライブ。

過去には三木道三こと「DOZAN11」さんが出演されたこともあり、
今もっとも勢いのあるメタバースライブのひとつです。
私もここで、主催・MCとして活動しております。

>>>外部リンク:NINJAメタバライブって何?-ペスハムブログ-

 

見どころはやはり、大物ゲスト

今回の見どころはやはり、
「SABOTENボーカル、キヨシさん」の出演。

SABOTEN(サボテン)は、日本のロックバンド。ジャンルとしてはメロディック・パンクに属する事が多い。所属はAFRICAN RECORDS・PINEFIELDS。大阪府門真市にて結成。
(Wikipedia引用)

SABOTENは、第15期映画ナルトのエンディングテーマを演奏する大物アーティスト。
ナルトといえば、海外でも大人気の超有名アニメですよね。
そんな大物の出演に、会場は大熱狂です。

 

来場者数は564人

今回の来場者数は564人。
正直集客しづらいプラットフォームではありましたが、
それでもこの人数。
これだけの人数が収まるライブハウスは少ないでしょう。

キヨシさんには大トリを務めていただきました。
やはりキヨシさんの出演パートが、もっとも反応が大きいですね。

もちろんほかの出演者も実力者揃いで、音楽に真剣な方ばかり。
「そんな彼らにチャンスを」
という想いがあり、キヨシさんとブッキングしました。

この先も、チャンスを掴み続けて欲しいですね。
私も会場の熱に当てられてしまいました。

 

ライブの裏側

CryptoVoxcelsでライブを行うにあたり、
かなり苦労した点がありました。

 

どんなプラットフォームなの?

今回のライブは、
「CryptoVoxcels」というプラットフォームでの開催。

  • NFTをその場で販売可能
  • プラットフォーム内でYouTubeを再生できる
  • プラットフォームが重く、スマホに対応していない
  • 仮想通貨ウォレットを接続しないとボイスチャットが使えない
  • アバターの自由度が低く、個性がない

正直、集客には不利なプラットフォームです。
しかし、NFTやweb3の発展を願うNINJAライブチーム。

「アーティストにNFTで稼げるチャンスを」
という想いから、不利なプラットフォームにも挑みます。
もっとも集客に強い「cluster」では、NFT販売はできませんからね。

 

YouTube経由でのライブ

「YouTubeLive経由でメタバース上に演奏を流す」
という方法でのライブとなりました。
ボイスチャットは仮想通貨ウォレットを接続しないと声が届きません。
多くの人に聞いてもらうために、このような方法になりました。

 

しかしこれが、至難の業。

リモートで出演者とMCを繋ぎ、
さらにそれをYouTubeに流し、
会場の音を出演者に返す。

さらにBGMを流すなどのオペレーションもあり、
これが容易ではありません。

配信側で5端末とミキサー数台を使い、
プラットフォームに音と映像を送ることに成功。

 

録画もバッチリ

配信できるということは、
もちろん録画もできます。
ライブの映像は、アーカイブの投稿やマーケティングに必要です。

アーティストの方向性によっては、
アーカイブ自体に価値がつくこともありますね。
実際にNINJAメタバライブのアーカイブも販売実績があります。

 

メタバースイベントのご相談をお待ちしております

今回はちょっと無茶な配信方法でしたが、
このようなトリッキーな配信も経験しております。

CryptoVoxcelsだけでなくほかのプラットフォームも経験しておりますので、
プラットフォーム選びから音響まで。

なんでもお気軽にご相談ください!